施主支給リフォームの落とし穴

今日は、施主支給リフォームの落とし穴
についてお話しします。

 

トラブルになった例です。

施主支給リフォームは、
安くリフォームできるのでいいのですが、

さまざまなトラブルがあると聞きます。

ちなみに、私は施主支給リフォームを推奨していて

難しいと言われる、システムキッチン・
システムバス、洗面化粧台、トイレなど
施主支給リフォームをやってきて、

99%トラブルはありませんでした。

ノコリ1%は後ほどお話しするとして、
なぜ、皆さんトラブルになったり、失敗したりするか?

どのようにすれば、間違いなく施主支給リフォームが出来るのか?

についてお話しいたします。

巷では、施主支給リフォームの失敗談
トラブルとして、

・お客様が発注した際の間違い。

が、ナンバーワンに多いトラブル・失敗です。

キッチンであれば、単純にシンクや
ガスコンロの位置の間違い
(R勝手、L勝手の間違い)

これは、配送されてきてびっくりですが、

そもそもの位置が違くて、どうしようもない
パターンです。

システムバスでいえば、壁の色柄や
入り口ドアの高さ、床下寸法の違い
などです。

こちらも、思っていた色と違う
というパターンは、何度か変更していて、
変更したパターンがどれかわからなくなって
発注したりする

チェックミス、
確認漏れ

で起こるトラブル、ミスです。

これは、お客様の方で発注してしまってからのお話で
本当に些細なミスなのですが、

全く違う商品なので、一番現場で困るパターンです。

こういったケアレスミスが施主支給の
トラブルの最上位なのですが、

これを回避するために、
やるべきことはただ一つ

発注の前に、必ず、
必ず、第3者の目で確認する

これだけです。

お客様サイドで、全てをやろうとせずに、
発注する前に、工務店さんや
リフォーム会社さんにチェックしてもらうのです。

・本当にこのプランで大丈夫なのか?
・不足している物はないのか?
・そもそも、入るのか?
・搬入経路は確保されているか?
(これ!意外に大事です)
・納品される車両は、家やマンションの前まで
確実に入ってこれる大きさの車両か?

など、実際の工事以外にも、
そもそも現場に運び込めるか?

という大変な問題もあるのです。

マンションにお住まいの方で、
搬入経路の確認を怠ったために

長すぎるキッチンが
階段やエレベーターに入れる事が出来ずに
リフォームを断念・・・

なんてことになる前に、

いろんな角度から考えてみる必要があります。

そういうことをやる事を
「現場調査」といいます。

施主支給リフォームでは、この現場調査
が確実にできるかどうか?が
成功への分岐点だとも言えます。

施主支給だからと言って
工事してくれる工務店さんやリフォーム業者さんに
変な遠慮はいりません。

「心配だから、一緒に最終チェックを
していただけないでしょうか?」と

真剣にお願いすればいい事です。

施主支給は、あなたと、工事店、そして
購入先、ショールームなど
それにかかわる人たちの協力で成り立っている物ですので

みんなあなたの施主支給リフォームに
協力してくれます。
そういうチームのような人たちを大切に考えて
施主支給リフォームをしていきましょう!

弊社でただ1度だけ、施主支給リフォームで
少し問題になったことは、

お客様が、ショールームで出されたプランの色番号を
芸術的に切り張りして、コピーして
それを注文してしまいました。

紙面上は色番号が変更されているのですが、
肝心なショールームのデーターが書き換わっていません。

そのため、変更前の色のシステムバスが来てしまい、
すったもんだしたうえで、お客様が
発注した紙だけ変更したことがわかり、

配送されてきたシステムバスを
そのまま取り付けて納得してもらった。

という事がありました。

最終的な変更があった場合は、
必ずショールームで変更したもので
発注することが大切です。

いい教訓になった出来事でした。

今回も読んで頂きありがとうございました。

小笠原

 

お問い合わせはお気軽に!

メールアドレス:oga.reform.lab@gmail.com

発行:なんでも自分でDIYリフォームするブログ

ブログURL http://jibundereform.com

*************************************************************

著者:(株)リフォームダイレクト
代表取締役 小笠原 功二

〒206-0021
東京都多摩市連光寺2-1-7

TEL042-389-3050

「総合サイト」 http://www.reform-direct.com

「お風呂リフォーム専門」 http://www.reform-direct.com/ofuro

*************************************************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です