システムバスリフォームで、入れておきたいオプションとは? その②

 

システムバスリフォームで、入れておきたいオプションとは? その②

 

今日は、オプションというより

関連工事のお話です。

 

例えば一戸建てのタイルのお風呂から

システムバスにリフォームした場合、

劇的に「暖かいお風呂」になります。

 

 

今までは、冬に

着替えを持っていき、脱衣場で急いで服を脱いで

足をすぼめながら、急いで冷たいタイルの床に

お湯を流して、ぶるぶるしながら

急いで体にお湯をかけて・・・

 

 

と、寒いお風呂場に入っていたと思うのですが、

システムバスにリフォームすると

断熱材に覆われているシステムバスは

冬の寒さを軽減する仕組みが満載なので

 

確実にタイルのお風呂より

暖かいお風呂に生まれまわることができます。

 

 

しかし、そんな暖かいシステムバスでも

後悔する箇所が、一つだけあります。

 

 

それは、お風呂場の窓が既存の窓ガラスサッシのまま

システムバスにしたしまう事です。

 

窓だけ古いままなので、ほかは暖かくても

窓だけが古いままなので、真冬には

古いガラスサッシから

 

どことなく「すーっと」冷たい冷気が下りてきてしまいます。

 

そして、せっかく暖かいシステムバスも、

窓からの冷気で冷やされてしまい

どことなく寒さを感じてしまうのです。

 

 

今回お進めするオプションとは、

 

「せっかくシステムバスに変えるのでしたら、

お風呂場の窓ガラスサッシも、暖かいペアガラスに変える」

 

 

という事です。

 

お風呂場のガラスサッシは、透明なガラスではなく、

「型ガラス」と言って、シルエットは見えるものの

 

ガラス自体がでこぼこしているので、向こうが見えにくいガラスです。

 

このガラスサッシ自体を、断熱性能に優れた

断熱ペアガラスに変える工事も一緒に検討する。

 

という事です。

 

 

もっと言ってしまえが、温度のバリアフリーを図りたい場合は

 

洗面脱衣場の窓ガラスサッシも一緒に変えてしまうと

効果は倍増します。

 

 

実際にお洋服を脱ぐ場所は、

洗面脱衣場ですので、そこも断熱ガラスにしてしまうことで

 

「洗面脱衣場+お風呂場」の温度低下を

防ぐことができるのです。

 

 

これを知らないでリフォームしてしまい、

リフォーム後にどこからともなく冷たい冷気が

やってきて、思ったほど暖かくない!

 

というクレームやちょっとした

不満足リフォームになるケースがあります。

 

 

システムバスリフォームを検討される場合は、

服を脱ぎ着する場所=洗面脱衣場とお風呂場の

窓ガラスサッシも一緒に考えるようにしてください。

 

 

このお話は、非常に重要ですので

次回、もっと詳しく、お勧めの「安くても効果がある方法」

 

をお話しいたします。

 

お問い合わせ・ご質問はお気軽に!

メールアドレス:oga.reform.lab@gmail.com

発行:なんでも自分でDIYリフォームするブログ

ブログURL http://jibundereform.com

*************************************************************

著者:(株)リフォームダイレクト
代表取締役 小笠原 功二

〒206-0021
東京都多摩市連光寺2-1-7

TEL042-389-3050

「総合サイト」 http://www.reform-direct.com

「お風呂リフォーム専門」 http://www.reform-direct.com/ofuro

*************************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です