クッションフロアーを上手に張るコツ・・・その1

DIYリフォームの「問題解決案内人」 小笠原です。

 

クッションフロアーを張る場合、

(これ以降はクッションフロア=CFと書きます)

ホームセンターなどでは

 

「CF貼り付け用 両面テープ」が売っていますが、

どうしても長年使っていくと、はじっこから砂っぽい

ほこりが入ってしまったり

 

ほこりやごみの侵入、はがれが称してきますので

出来ればきちんとプロが張るのと同じようなやり方で

張った方が、確実に長持ちします。

 

プロが使っている接着剤は、

下地の状況にもよりますが、ほとんど「白のり」と言われる

ゴム系ラテックス型の接着剤を使った

「全面接着工法」が支流です。

 

東リ エコロイヤルセメント などが有名で

少ないキロ数の量も販売されています。

 

また、ゴム系ラテックス型でしたら、ホームセンターなどでも

 

1KGの容器に入ったちょっと使うのに便利な小分けサイズも販売されています。

 

「くし目ごて」という、砂や小さな砂利の日本庭園の枯山水ような

くしで山と谷が幾重にも筋を引いたようなでこぼこした

のりをつける事が出来ます。

 

全面接着なので、CFを張る全部の床面に

接着剤を塗ってしまい

張り付ける工法で張っていきます。

 

トイレや洗面所、キッチンなど、

狭いスペースですが、入り組んだり出っ張りが多いところの方が

勉強になりますので、ぜひDIYでチャレンジしてみてください。

 

床材の張り方は様々な要素が絡んできますので

次回から、張り方のコツをお話ししていきます。

 

お問い合わせは・ご質問はお気軽に!

メールアドレス:oga.reform.lab@gmail.com

発行:なんでも自分でDIYリフォームするブログ

ブログURL http://jibundereform.com

*************************************************************

著者:(株)リフォームダイレクト
代表取締役 小笠原 功二

〒206-0021
東京都多摩市連光寺2-1-7

TEL042-389-3050

「総合サイト」 http://www.reform-direct.com

「お風呂リフォーム専門」 http://www.reform-direct.com/ofuro

*************************************************************

 

 

 

“クッションフロアーを上手に張るコツ・・・その1” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です