自分でトイレを交換する方法 その①

DIYリフォームの「問題解決案内人」 小笠原です。

 

トイレを自分で交換する方が増えてきました。

 

「リモデルタイプ」(TOTOの呼び名)が発売されてから、

今まで一番難しかった「排水配管」工事が

劇的に簡単になったからです。

 

私達リフォーム職人も、トイレ交換が簡単で

時間がかからずできるので、何かのついでに

交換するくらいの感覚で、気軽に交換できるようになりました。

 

随分と交換工事が楽になったトイレリフォームですが、

 

自分でDIYする場合、商品を買う前に

必ずやっておかなければいけない事があります。

 

それは、現在のトイレの「排水芯」を調べる事です。

 

トイレの排水芯とは、トイレ室を上から見た場合(平面図)

お部屋に対してトイレがどのような位置に取り付けられていて

トイレの排水配管がどこにあるか?を調べる事です。

 

今の新築のトイレは、排水芯が統一されています。

(後ろの壁から手前に200mm)

 

しかし、昔のトイレは排水芯がバラバラでした。

 

トイレには、必ず、便器の右下や左下側面に

「品番」が書いてあります。

 

また、タンク前面や側面にも品番が書いてあります。

 

その品番とメーカー名をインターネットで検索すると

後ろの壁から何センチなのか?

 

という「排水芯」を知る事が出来ます。

 

「TOTO C730 排水芯」

等と検索します。

 

又は、直接図測ってしまいます。

 

便器は床に4本のボルトで固定されているか、

2本のボルトで固定されているかです。

(ボルトはキャップがされています9

 

それより新しい便器の場合は

排水芯を品番で調べてください。

 

4つのボルトの場合は

後ろの壁から大きいボルトまでのサイズが「排水芯」です。

 

2つのボルトは、後ろの壁から2つのボルトまでが

排水芯です。

 

リモデルタイプのトイレだった場合、

排水芯がある程度の範囲でしたら調整できるようになっていて、

その調整できる範囲が決まっています。

 

ご自分で測ったり調べた排水芯が

これから購入しようとするリモデルタイプのトイレの

排水芯を調整できる範囲内にあれば

 

「交換できる!」事になります。

 

トイレを自分で交換しようとする場合は、

まず、ご自分の家の排水芯が何センチなのかを

まず測ることが大切です。

 

マンションなどで排水が床上の場合は

次回お話しいたします。

 

 

お問い合わせは・ご質問はお気軽に!

メールアドレス:oga.reform.lab@gmail.com

発行:なんでも自分でDIYリフォームするブログ

ブログURL http://jibundereform.com

*************************************************************

著者:(株)リフォームダイレクト
代表取締役 小笠原 功二

〒206-0021
東京都多摩市連光寺2-1-7

TEL042-389-3050

「総合サイト」 http://www.reform-direct.com

「お風呂リフォーム専門」 http://www.reform-direct.com/ofuro

*************************************************************

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です