自分でトイレを交換する方法 その③

DIYリフォームの「問題解決案内人」小笠原です。

 

トイレを自分で交換する場合に、

今のトイレを外さなくてはいけません。

 

でも、タンクにもお水が入っているし、

便器の中にもお水が入っています。

 

それをどうやって排出するのか?

どうやって外すのか?

どうやって運び出すのか?

 

についてお話しいたします。

 

ちなみに、トイレを外して新しいトイレをつけた場合

前のトイレの取り付け跡や、ビスの穴などが

出てしまう事があるので、

 

それを隠すためにも、床のクッションフロアーの張替が

必要な場合がありますので、

その場合は、過去の記事の

 

床のクッションフロアを上手上手に張るコツ

参照してください。

 

水を排出する場合、

 

まず、タンクの中のお水を排出するために、トイレの止水栓を

右に回してお水を止めます。

 

止水栓はトイレタンクに水を供給するためについている

バルブのようなもので、

 

ハンドルを回して止めるものと、

マイナスドライバーで閉めるものがあります。

 

めったに開け閉めするところではないと思いますので

硬く、固着している可能性があります。

 

その場合は、プライヤーや、ウォーターーポンププライヤーで

他を壊さないように、ハンドルや中心の回転軸だけ回して

何とか閉めてください。

 

マイナスドライバーで回す場合は、出来ればですが、

細いマイナスドライバーではなく、

厚みのある太いマイナスドライバーがお勧めで、

 

「水栓ドライバー」という専用の工具も売っているので、

ご参考までにどうぞ

 

後の工程になりますが、トイレの止水栓は、

トイレ交換時に一緒に交換する事をお勧めします。

 

トイレによっては止水栓が同梱されている場合もあり、

また、止水栓の向きを変えないといけない場合がほとんどですので

トイレ交換時には止水栓の交換もおすすめします。

 

止水栓を止めて、トイレのお水を流すレバーをひねると

とタンクにお水が供給されずに、タンクの中のお水が

流れてくれます。

 

タンクの中にも少しだけ水が残っているので

タンクの上ふたを上に持ち上げて、

タンクの中に残っている水を

タオルやスポンジで吸い取ります。

 

 

便器に残った水を比較的簡単に抜く方法は、

10リットルくらい入るバケツに水をはって用意しておきます。

 

後は便器の中に勢いよく流しきると

流しきった後、負圧の働きで

便器の中の水が少なくなっています。

 

不思議ですが、本当です。

 

便器の水位が低くなり、

水が溜まっているからこそ排水配管のにおいを止めているのですが、

 

水が少なくなっているので、トイレの排水配管のにおいが

してきますが、我慢して作業してください。

 

残った水が、ゴム手袋をして、スポンジやタオルで取り切りましょう。

 

トイレを外す場合でも、

水を抜く方法で、このようなコツがいります。

 

しかし最後は手作業で吸い取るしかないので

地道にいきましょう!

 

いよいよ水が抜けましたので

次回は外し方、運び出し方です。

 

お問い合わせは・ご質問はお気軽に!

メールアドレス:oga.reform.lab@gmail.com

発行:なんでも自分でDIYリフォームするブログ

ブログURL http://jibundereform.com

*************************************************************

著者:(株)リフォームダイレクト
代表取締役 小笠原 功二

〒206-0021
東京都多摩市連光寺2-1-7

TEL042-389-3050

「総合サイト」 http://www.reform-direct.com

「お風呂リフォーム専門」 http://www.reform-direct.com/ofuro

*************************************************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です