自分でトイレを交換する方法 その⑥

DIYリフォームの「問題解決案内人」小笠原です。

 

今回は止水栓の取り付け方です。

 

 

トイレを交換される場合は、止水栓は現在の物を使ってもいいのですが

大概の場合、専用の止水栓を使わなくては行けなかったり、

 

専用でなくても、止水栓の向きが違っていて、

一度取り外さなくては行けなかったり

すると思うのですが、

 

その時に、確実に、水が漏れることなく

止水栓を取り付ける「コツ」と「ルール」について

お話ししていきます。

 

止水栓を取り付ける場合、必ず、水道メーターをしめて作業してください。

その時に、水道配管には圧力がかかっていますので

どこか水が出るところで、メーターで水道を止めた後は

水栓を開いて水圧を逃がしてあげてから

作業に取り掛かってください。

 

 

この時、水道メーター付近のバルブを閉めたのにもかかわらず、

お水が止まらない場合が多々あります。

 

その場合は、メーターバルブにいぶつがはいっていたりして、

閉まり切れなくなっているので、そのバルブはそのままで無理をせず、

 

一戸建てでしたら、家の外の散水栓を開いたり、

一番低い位置にある水が出るところの水道を開けっぱなしにして

作業するようにしてください。

 

マンションでしたら、ユニットバスの水栓を開いて

作業してみてください。

 

止水栓を交換される場合は、配管に

「シールテープ」をまくと思うのですが、

 

私がお勧めするシールテープは、「3M製の シールテープ材」がお勧めです。

 

なぜかというと、ホームセンターで売っているシールテープは

意外に厚みがあり、巻きにくいのと、何回まけばいいのか?

 

という疑問があると思います。

 

3M製のシールテープは非常に薄く、

配管のネジ山にかみやすく、巻きやすいので

お勧めしていて、巻く回数も、9回から10回

程、巻く事をお勧めしていて、

 

さらに、緩まないように

シールテープの上に、「ヘルメシール」という

液体シール材を塗って、2重にして配管をねじ込むことを

お勧めします。

 

念には念を、水漏れしたら嫌なので

しつこく安全対策をすることは重要なことだと思います。

 

シールテープの巻き方や注意点は

映像や写真があると良いので、

今度用意したいと思います。

 

ありがとうございます。

 

お問い合わせは・ご質問はお気軽に!

メールアドレス:oga.reform.lab@gmail.com

発行:なんでも自分でDIYリフォームするブログ

ブログURL http://jibundereform.com

*************************************************************

著者:(株)リフォームダイレクト
代表取締役 小笠原 功二

〒206-0021
東京都多摩市連光寺2-1-7

TEL042-389-3050

「総合サイト」 http://www.reform-direct.com

「お風呂リフォーム専門」 http://www.reform-direct.com/ofuro

*************************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です