自分で洗面化粧台を交換する方法 その1

DIYリフォームの「問題解決案内人」小笠原です。

 

自分で交換シリーズ、今回は

洗面化粧台を自分で交換する方法です。

 

洗面化粧台のボウルが割れてしまったり、

水栓が力いっぱい閉めないと閉まらなかったり

設備が古くなって収納の扉ががたがたになったり。

 

いっそのこと、洗面化粧台を自分で交換しよう!

 

と決断された方!ナイスな判断だと思います。

 

洗面化粧台の交換は、意外に簡単ですが、

給水や給湯配管、排水配管などの

さまざまな絡みがあり、DIYの腕を上げるのにも

なかなかいい設備機器だと思います。

 

今回からは少しシリーズで

自分で交換する方法をお話ししていきたいと思います。

 

洗面化粧台を交換される時、まず初めに

既存の洗面化粧台を外さなくてはいけません。

 

そして今回は、横幅が同じ大きさの洗面化粧台

についてお話しいたします。

 

洗面化粧台を外す場合は、

上の方から外していきます。

 

吊戸棚があれば、吊戸棚から。

次いで鏡部分、最後に化粧台部分。

 

はずしていくうえでの注意点は2つあります。

 

①鏡部分を外す場合、壁の裏でコンセントにつながっている場合は

取り外した際に、壁の中のコンセントを、壁の中に落とさないようにする事

 

②給水・給湯配管は、配管を外してしまう前に、給水・給湯の止水栓の

廻りの薄いベニアを壊して、止水栓は

その時はそのままいじらないようにすることです。

(今回は給水給湯配管が壁から出ている場合のお話です)

床配管の場合は次回お話しいたします。

 

 

①は、鏡の部分の裏から電線が出ていて、

壁の中にあるコンセントに刺さっているケースがほとんどです。

 

鏡部分にくっ付いている電線を引っ張り出して、

壁の中からコンセントも十分に引き出してから

電線にゆとりを持たせてからコンセントを抜くようにしてください。

 

十分電線を引っ張っておかないと、壁の中にコンセントが

奥に入って行ってしまい、取るのが大変になってしまいます。

 

 

②は、最初から水栓を外してしまってもいいのですが、

水栓が古く、万が一外した際に配管でも折れようものなら、

復旧に時間がかかって、

 

水道メーターを止めておく時間が長くなってしまうので

お水が長く出ない時間が出来てしまうよりも、

十分準備してから水栓や止水栓を交換した方が

万が一何かあった場合に役に立つからです。

 

 

最悪の事を考えて、先にそうならない方法を選択してください。

 

ほとんどの場合、給水配管や給湯配管の止水栓が出ている

洗面化粧台のカベは、薄いベニア部分であることが多いですので、

 

配管の周りの薄いベニアを配管を傷つけないように

割と大きくカッターで切ってしまい、

すっぽり抜き取るイメージで切り取ってしまいます。

 

そうしてすべてを撤去してしまいます。

それから次の段取りに移りたいと思います。

 

床のクッションフロアーも一緒に張り替えたい場合は

このブログの 「クッションフロアーを上手に張るコツ・・・その1」

を参考にしてください。

 

次回はその2、床配管だった場合をお話します。

 

お問い合わせは・ご質問はお気軽に!

メールアドレス:oga.reform.lab@gmail.com

発行:なんでも自分でDIYリフォームするブログ

ブログURL http://jibundereform.com

*************************************************************

著者:(株)リフォームダイレクト
代表取締役 小笠原 功二

〒206-0021
東京都多摩市連光寺2-1-7

TEL042-389-3050

「総合サイト」 http://www.reform-direct.com

「お風呂リフォーム専門」 http://www.reform-direct.com/ofuro

*************************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です